先日ご依頼を頂いた方とエアコン取り外し後に様々なお悩み、質問などがあったのですが

お話をさせて頂いた中で気付いた事がありました。

今回当社は、皆様がこの業界の「知っておきたい事」や「業者の選び方」などについてご説明しようとおもいます。

まず「エアコン」「壊れた家電」「引越しや片付けで出るゴミ」「遺品整理」など

皆様が処分に困った時に

「どの業者に問い合わしたら良いの?」

「そもそも違いがあまり分からない。」という方が意外といます。

そんな方に詳しく説明しようと思います。

 

1.家電無料回収業者(サービス内容、特徴、)

・不要家電の対象品名、指定された回収日、集積所を記載したチラシで集客する。

・チラシを各家庭にポスティング業者や自身で配布されている。

・個人でされている所が多い。

 

年配の方や高齢者の方は集積先まで運ぶ事が難しいと思われます。

だるまのアドバイス‼

無料で回収、処分は本当です‼    

・無料内訳

小型家電(数点)の処分をする方にはオススメです。

ご利用時はチラシの内容通りに行うだけなのでご利用されている方も多いと思います。

無料の仕組みは作業効率を良くする事で家電をより多く回収し、スクラップ工場に壊れた家電に含まれる鉄、銅、アルミなど買取ってもらう事やネットオークションで売買する事で利益=無料が行えるようです。

・特徴

市、各町内などの集合団地、戸建て、マンションにチラシで集客されています。

冷蔵庫、ブラウン管、洗濯機の大型家電を処分してもらうには、有料で回収になるようです。金額は各市のリサイクル料を目安に価格設定しているケースが多い。

・注意

チラシ通りに集積先に出していたのにいつまでたっても取りに来てくれない。

最近はあまりないようですが、山、海、廃墟などで不法投棄がされるケースもあるという事例があります。

ご利用される際は事前に以前ご利用された方やご近所さんの情報収集をする事で惨事を防げると思います。

2.不用品回収業者 (軽トラックでスピーカー集客)

・スピーカーで集客している。

・声がかかると見積もりに発展。

・売上は基本的に会社と折半~以下が給料システムとされている会社が多い。

・貿易ルートを自社で作っている業者が多い。

声を掛ける、良く話を聞く事、自己判断が重要‼

だるまのアドバイス

回収はほとんどが有料‼

・内容

当日、地図を見て市、町内の回る場所を特定し一日中スピーカーで鳴らして声がかかるまで回っているのが特徴的です。

声がかかると見積もりに発展し処分料金が両方折り合えば軽トラックに積んでいくのが通常です。

・特徴・注意

業者さんには申し訳ないですが僕は基本的にオススメはしないですね。

価格設定はそのスタッフ、会社次第なので皆さんが分かっている事がとても重要です。

地デジ切り替えするというのが5,6年前にありましたがその時にかなりこの業者が目立ったのですがあまりいい話は聞きませんでしたし、ニュースにもなる業者がいました。

現在もたまに目にしますがご利用する方はこの事を参考にして下さい。

・後済み

相談したゴミを荷台(軽トラック)の、前まで持って行き金額を濁らしたり提示しないなど怪しむ事!そして荷台に沢山集めたゴミを見て数万~数十万の金額を提示するみたいです。これはまだましなケースです。

・先積み

相談したゴミを軽トラックの荷台まで持って行きその都度積んで行きます。そして作業終了後に

『ハイ、なんぼ』『ハイ、〇〇万円』です。

悪徳業者です。

などが未だにこのような事があちらこちらで多発しているらしいですので注意が必要だと思います。

3.エアコン不用品回収業者


当社がお客様によく聞くお話

・電話が繋がらない。

・電話対応がとても酷い。

・当日の訪問時間が予測しにくい。

・無料ではなかった。

・工事後の後始末のご不満。

電話をすると無料ではない業者も存在する。

・内容・特徴

この業者の大半はHPで集客していますが、メインはエアコン回収で依頼内容にもよりますが、エアコンの処分で依頼されているなら同時に家電も回収している業者も多い。
木・布・プラスチックなどは回収しない。

これは産廃物になり処分費がかるのでとても無料サービスするのは難しいと思われます。
この業界が何故無料サービスを提供できているのかと言うのは、エアコンを回収しているがエアコンには何種類かあります。

種類によって海外にリユースしたり、エアコンが新しければ国内販売(ネットオークションなど)、古ければスクラップで売買する事で利益となり皆さまに無料回収として提供できる業者となっています。

・注意

依頼時の電話で繋がらない、対応が悪い事が多いようです。

気を付ける点はHPで無料と記載しているのに問い合わせると高所作業、階段昇降など料金が発生するので何社かお電話が必要だと思います。

4.便利屋・遺品整理・不用品業者引越し時に出たゴミの対処法

・市のリサイクルセンター

・引越し業者

・不用品業者

・何十万~何百万円請求された。

・民間御者を利用した後日、金額に不信を抱いている。

市のリサイクルセンターにご自身でゴミを持って行くのが一番納得できる処分法だと思います。

・内容・特徴・注意

不用品業者は遺品整理・便利屋・金プラチナ、家電買取も同時サービスができる業者で依頼当日にはスタッフさんが何人かで訪問され引越し業者のように素早くおかたずけを提供している業者です。

木・布などの産廃ゴミはゴミの中でも費用がかかります。

なので民間企業に処分してもらう場合、市のリサイクルセンターより高く見積もられます。(遺品整理や引っ越し時に多く出る、生活家具、日用品などは量が多くなるから㎥計算で高くなる)

それにスタッフさんが引越し業者のように素早く対処してもらえて全て任せれるがその分当然、人件費も料金に含まれます。

遺品整理については皆さんがあまり耳にしないお話があります。

遺品整理を依頼されるほとんどの方は、お亡くなりになられた方の物をご自身で仕分けをせずに全て依頼された業者に頼まれる事が多いようです。

この場合に注意する点は、お亡くなりなる前に骨董品や硬貨(数万円〜数千万円)をタンスや畳下などにしまわれているケースが多くお客様に気付かれる事なく業者内で持ち帰るらしいです。

とても気分が悪い話しですよね…。

※なのでまずは、お亡くなりになられた方との大切な思い出や大事にされていた物をご自身で整理する事が、お亡くなりになられた方への最良の対応だと僕は思いますし、その様な行為を防ぐ対処法だと思います。

・アドバイス

引っ越し時に出たゴミを不要品業者に頼まず、そのまま引越し業者に依頼する場合は引越し前に何社か相見積もりをとり、見積もりの段階で、不用品の処分を依頼するとまだ費用は安く抑えれる事が期待できますよ(*゚▽゚)ノ

ですが、やはり引っ越し業者も基本的には立米計算なので木・布、など大きな産廃ゴミはどうしても費用がかさ張ります。

※上記の条件と当日に追加処分する場合は各不用品の一品単価の料金がかなり違う業者も多いと聞いた事があるので一例として記載します。
市のリサイクルセンターの場合は産廃ゴミ(木・布など)を持っていくと各市によりますが、㎏/数十円で処分ができるので個人的にはオススメです。

この記事を参考に皆さんがより安心してご利用出来たらなと思います。

※悪徳業者などもしもの事が起こった場合は保証、責任は負いかねます!あくまでも自己判断でお願いします!!!

最後にご自身で処分されると言う方に画像添付をしておきます。


不用品業者はこの座椅子をそのまま捨てるのではなく下記の様に対処しているので参考にして貰えればと思います。